地震と津波

地震と津波による物理的な破壊、海水による塩害、まき散らされたがれきや重油によって環境はダメージを受け、生態系は単純化されます。  著者が危惧するのは絶滅危惧の「生きもの」だけではありません。「きっとどこかに生き残っているよ」という根拠のない楽観論(原発神話の生物版?)が「だから調査も対策も不要」に結びついていきそうなことに危惧を抱いています。  やがて「自然」が回復してきたように見えます。本書にも様々な昆虫や植生が登場します。しかしそれは、過酷な環境でも生きることができる種(特に、その地域に本来いたのではない外来種)が主体となっていることに著者は気づきます。そういった中で、絶滅危惧種1類のコガネアオイトトンボが塩水でもたくましく繁殖をしている姿に著者は「人間による環境変化には絶滅に追いやられているのに」とある種の感慨を持ちます。
  • 安芸郡東洋町 バイク屋
  • 安芸郡奈半利町 バイク屋
  • 安芸郡田野町 バイク屋
  • 安芸郡安田町 バイク屋
  • 安芸郡北川村 バイク屋
  • 安芸郡馬路村 バイク屋
  • 安芸郡芸西村 バイク屋
  • 長岡郡本山町 バイク屋
  • 長岡郡大豊町 バイク屋
  • 土佐郡土佐町 バイク屋
  • 土佐郡大川村 バイク屋
  • 吾川郡い 町 バイク屋

    コメントを残す

    *

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ